子宮筋腫の腹腔鏡下手術~その利点と難点 後編

子宮筋腫の腹腔鏡下手術~その利点と難点 後編 | インタビュー

子宮筋腫の治療について専門医からお話をうかがいます。

2019年11⽉公開

子宮筋腫の腹腔鏡下手術

~その利点と難点 後編

倉敷成人病センター・理事長

安藤 正明 先生

安藤 正明 先生

婦人科分野での腹腔鏡下手術の症例数が、国内トップクラスの倉敷成人病センターの安藤正明理事長へのインタビューの後編では、腹腔鏡下筋腫核出術についてのお話を中心にうかがいました。子宮は残せるものの、子宮全摘術よりも手技が複雑になるという腹腔鏡下筋腫核出術。また、今後、ますます広まっていくであろうロボット支援手術、術後の注意点などについてもお話をうかがいました。

腹腔鏡を用いた子宮筋腫核出術について教えてください。

子宮は残して筋腫をひとつずつ取り出す手術です。
子宮筋腫核出術は、筋腫だけを部分的に取るのだから簡単に済むのだろうと思っている患者さんが多いようですが、じつは細かい操作が多くなり、全摘術に比べて手術時間が長く、出血量も多くなりがちです。腹腔鏡下手術は狭い空間で行うため、あまり大きすぎる筋腫、10個以上ある数の多い筋腫は切除後の子宮の縫合にも時間がかかり、その間に出血量も増加するため、腹腔鏡下核出術にはあまり向きません。

もう1つ注意したいのは、良性の子宮筋腫だと診断されていても700例に1例くらいは、悪性腫瘍(肉腫)の可能性があることです。急に筋腫が大きくなる、すでにとても大きいものなど、悪性腫瘍が疑われる場合は特に慎重な対応が必要となり、子宮筋腫核出術は行うべきではないでしょう。

当センターでは、子宮の外側にできる漿膜下筋腫、子宮の筋肉の中にできる筋層内筋腫、子宮内腔にできる粘膜下筋腫、どのタイプでも腹腔鏡下で行う核出術の対象としています。医療機関によっては粘膜下筋腫を避けるところもあります。

麻酔は、子宮全摘術のときと同様に、全身麻酔と硬膜外麻酔を使用します。

当センターでは、腹腔鏡下子宮筋腫核出術の手術時間は、筋腫の大きさと個数で大きく変わりますが、長くて1時間半程度です。入院期間は、全摘術と同じで1週間です。

腹腔鏡下筋腫核出術は子宮を温存することを目的とします。開腹手術に比べて回復が早く、手術の翌日には食事や歩行が可能です。傷が小さく、癒着も起こりにくいのが特徴です。退院後の日常生活への復帰も早いのがメリットです。

腹腔鏡下子宮全摘術より困難性の高い手術ではありますが、妊娠が可能な年齢の方で、妊娠を希望し、筋腫が大きすぎず、数が多すぎないような方に向いています。

腹腔鏡下子宮筋腫核出術の術式について>

バックナンバー


2019年11月公開
2020年1月更新