子宮筋腫の子宮動脈塞栓術(UAE)〜婦人科医と放射線科医の役割〜
  1. HOME>
  2. インタビュー>
  3. 子宮筋腫の子宮動脈塞栓術(UAE)〜婦人科医と放射線科医の役割

UAEが治療の選択肢となる患者さんの条件について教えてください。


2022年4月公開
2022年4月更新

子宮筋腫の治療について専門医からお話をうかがいます。

2022年02⽉公開

子宮筋腫の子宮動脈塞栓術(UAE)

〜婦人科医と放射線科医の役割

関西医科大学附属病院

婦人科 診療教授・産婦人科内視鏡外科科長 北 正人 先生

放射線科 病院教授 狩谷 秀治 先生

准教授 小金丸 雅道 先生

子宮筋腫の治療の一つである子宮動脈塞栓術(UAE)は婦人科医と放射線科医が連携して行います。婦人科と放射線科は、どのように連携し、それぞれどのような役割を担っているのでしょうか。UAEの治療で高い実績をもつ関西医科大学附属病院 産婦人科 北 正人先生と放射線科 狩谷 秀治先生にお話を伺いました。

UAEが治療の選択肢となる患者さんの条件について教えてください。

過多月経や圧迫症状など子宮筋腫による症状がある患者さんで、手術を希望しないまたは外科手術のリスクが高い場合です。

北先生子宮筋腫で治療が必要となる基本的な条件は、過多月経や腹部の圧迫症状など子宮筋腫によって生じる症状があることです。そして、症状のある患者さんのうちで、UAEの対象となる方は、手術を希望しない方や、持病や既往歴があり手術が困難であったり術後合併症が起こる懸念がある方などです。
一方、UAEを受けられない条件としては、子宮に悪性腫瘍の疑いがあること、感染症があること、妊婦・妊娠の可能性があること、造影剤にアレルギーがあることなどが挙げられます。また、将来妊娠を希望する方にもUAEは適しません。

UAEが受けられる条件の患者さんには、ほかにはどのような治療の選択肢がありますか?

手術、薬による治療、超音波で筋腫を小さくするなどの選択肢があります。

北先生UAE以外の治療法としては、子宮全体または筋腫のみを切除する手術療法、ホルモン剤を使って閉経に似た状態にするホルモン療法、超音波の熱で筋腫を小さくする集束超音波療法(FUS)、薬で症状を改善する対症療法などがあります。
これらの治療法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。例えば手術に関しては子宮全体を摘出する場合と筋腫のみを摘出する場合の傷・入院期間・術後経過・再発や妊娠の可能性などが異なります。また、筋腫を小さくする治療についても、ホルモン療法・UAE・FUSそれぞれで、治療内容・期間・費用・期待できる効果などが違います。担当医とよく相談して納得のいく治療法を選びましょう。

治療法を選択するポイントについて教えてください。

将来妊娠を希望するか、子宮を残したいかなどの意思を確認し、患者さんと相談しながら治療法を選択します。

北先生どのような治療法を選択するかは、どのような自覚症状で困っているのか、将来妊娠を希望しているのか、子宮を残したいと考えているか、などを患者さんに確認することが非常に重要です。
たとえば、将来の妊娠希望がある場合は対症療法や筋腫のみを切除する子宮筋腫核出術などが選択肢となります。妊娠の希望はないが、子宮を残したい場合は、それらに加えUAEやFUSなども選択肢になります。
ただ、全ての希望が叶えられる治療法が見つかりにくいこともあり、患者さんは治療方法の選択で迷うことが少なくありません(図参照)。自分にとっての条件の優先順位を確かめながら、担当の医師とよく相談して決めていきましょう。


筋腫治療のフローチャートと、実際に患者さんが選択するときの問題点

筋腫治療のフローチャートとその問題点

(北正人先生ご提供)

UAEのメリットとデメリット、治療の流れについてお聞きします>

バックナンバー